トップページへ





商店街とRSCの融合が勝ちパターンの

「サンタモニカプレイス&サードストリートプロムナード」


1.ライフスタイルセンターのタイプ

商店街と一体化したライフスタイルセンター

. サンタモニカプレイス&サードストリートプロムナードの概要

所在地
395 Santa Monica Place, Santa Monica, CA 90401
オープン
・1980年 開業
・2010年 全面建て替え(エンクローズド・モールからオープン・エアモールへ)
SCのタイプ
オープン・エアモールの多核・モール型RSC
開発業者
The Macerich Co.
敷地面積
40,470u
リース面積
48,732u
売上高
200億円(推定:サンタモニカプレイスのみ)
核 店
ノードストローム、ブルーミングテールズ
テナント数
120店
モールのタイプ
オープン・エアモール(3層)
駐車台数
2,000台

. サンタモニカプレイス&サードストリートプロムナードのポイント

@アメリカでSCと商店街が一番うまくいっている事例が「サンタモニカプレイス」(RSC)と「サードストリートプロムナード」(商店街)です。

A商店街であるサードストリートプロムナードは、過去に再開発をしましたが、負けパターンの商店街では長期低落化の道を止めることはできませんでした。そこで、SCである旧サンタモニカプレイスを誘致し、物販はSCのサンタモニカプレイス、飲食・サービス(シネコン含む)は商店街のサードストリートプロムナードが役割分担をし、そのことにより相乗効果のある街区ができあがりました。

BこのSCと商店街の役割分担は見事に成功し、サンタモニカプレイス&サードストリートプロムナードは、カリフォルニア州bPの集客のある街区に発展しました。また、周辺のサンタモニカエリアは、観光地やリゾート地でもあるためレジャリー客も吸引することができました。

Cところが、サードストリートプロムナードにあまりにもたくさんの集客ができたため、今までの飲食・サービスは商店街の役割であったが、物販がテナントとして出店するようになり、有力テナントがサードストリートプロムナードに進出し、逆にSCのサンタモニカプレイスが苦戦するようになりました。

D2010年秋に、今度はサンタモニカプレイスが今までのエンクローズド・モールからオープン・エアモールに全面建て替えリニューアルを行い、ノードストロームとブルーミングテールズの2核と120店のテナント、さらに今まで商店街のサードストリートプロムナードが強かったレストランを大幅に増強し、強力なSCに脱皮しました。

E今後は棲み分けではなく、切磋琢磨型の競争となり、互いにオープン・エアモールの開放的な街区ができ、街区としての魅力は高まりますが、2つの性格の異なる商業街区の今後の動向が楽しみです。

 

 

   



 Copyright (C)2007 Dynamic Marketing Co.,Ltd. All rights reserved.