トップページへ





ストリートが集客装置が勝ちパターンの

「サンタナ・ロウ」


1.ライフスタイルセンターのタイプ

住宅併設・ストリート型ライフスタイルセンター

. サンタナ・ロウの概要

所在地
400 Winchester Blvd., San Jose, CA 95100
オープン
2002年11月
SCのタイプ
住宅併設・ストリート型ライフスタイルセンター
開発業者
Federal Realty Investment Trust
敷地面積
160,000u(40エーカー)
リース面積
リテールのみ63,200u
売上高
200億円(推定)
核 店
クレート&バレル、ボーダーズ・ブックス、ベストバイ、コンテナーストアーズ、アップスケールスーパーマーケット
主要テナント グッチ、エスカーダ、フェラガモ、バーバリー、コールハン、セントジョン、カンペール、トッズ、ボッテガ・ヴェネタ、トールノー、トミーバハマ、アンソロポロジィ、BCBG、チコーズ…他に地域のユニークなテナント
店舗数
125店(物販87店 飲食25店 サービス13店)
複合付帯施設
・シネアート・シアター 10スクリーンの小型シアター
・賃貸のコンドミニアム 1,200戸(第1期255戸)
・ヴァレンシアホテル 213室のおしゃれなホテル
・クラブワン 2,800uのアップスケールなスポーツジム
メインストリート
450mの長さ

. サンタナ・ロウのポイント

@サンタナ・ロウは、サンフランシスコ都市圏のシリコンバレーに街づくり型複合開発の中心市街地づくりとして開発されました。

Aサンタナ・ロウの特色は、中心市街地の中で下層階には商業施設、中上層階には住宅の複合開発で、中央に「おしゃれなストリート」が形成されています。

Bサンタナ・ロウの最大の集客要素は「ストリート(通り)」であり、この通りこそがサンタナ・ロウの魅力となって、このストリートを基軸に商業街区と住宅ゾーンが一体化しています。

Cサンタナ・ロウは、商業街区のストリートへの来街客から見て、住宅ゾーンは「住んでみたい!! という借景」になっており、また、住民から見ると「ストリートへの来街者の賑わいが借景」となっています。サンタナ・ロウは商業と住宅が双方向の借景機能を持った中心市街地のライフスタイルセンターです。

Dサンタナ・ロウは、物販・飲食・サービステナントの125店を中心としつつ、外国映画中心のシネアート・シアター(10スクリーンの小型シアター)、コンドミニアム(計画中含め1,200戸)、ホテル・バレンシア(おしゃれな213室のホテル)、クラブワン(おしゃれなスポーツジム)、アップスケールなSMの複合施設となっています。

E中央のストリートを「サンタナ・ロウ」と名付け、そのストリートは商店街のノスタルジーを感じる街並みを形成し、店舗のファサードと上層階のコンドミニアムが調和し、さらに、街路樹・街路花壇・散策道が一体となり、450mのストリートの長さにより見事なオープンエアの臨場感のある"場"(プレイスメイキング)を創出しています。

Fサンタナ・ロウの隣接地に「ヴァレー・フェア・モール」(多核・モール型SC)が立地しており、サンタナ・ロウの異質型SCとヴァレー・フェア・モールの従来型SCとは相乗効果を発揮して、互いに「持っていない機能」を補完しあっています。

 

 

     



 Copyright (C)2007 Dynamic Marketing Co.,Ltd. All rights reserved.